伊藤詩織さん、準強姦慰謝料請求裁判の勝訴。「#MeToo」

生きているといろんなトラップあるよね

なんだかんだ言って、

女性は男性には、腕力や体力でかなわないことがほとんどです。

力でねじ伏せられると、抵抗の力が及ばなかったり、

暴力を振るわれると、萎縮して抵抗ができず、

死んだように諦めることもあるかと思います。

 

それでも、嫌なものは嫌なんですよ。

好きな人とではないと、SEXしたくない女性が多いんではないでしょうか?

 

(こういう書き方をしているのは、各々のいろんな状況により、そうとは言えないケースもあるからです。)

 

f:id:yumiring3131:20191220001449j:plain

 

 

女性も、動物的なカンが働きます。

 

男性と一緒にいて、

『なんか会話が怪しい方向に流れてる…』

と、身の危険を感じることもあります。

 

でもですよ、

それを匂わすと、男性も傷つきたくないから、

 

『は?何勘違いしてるの?』

的なことを言ってきたりするわけです。

攻撃による防御ですね。

 

もしくは、ほんとに、全くそんなことなくて、

『いやいや申し訳ないけど、君に食指は動かないよ』

的な流れになって、

女性側がちょっと過度な勘違いになるケースもあります。

自信過剰で、恥ずかしーって思いますね。

 

 

ここら辺は、何度も痛い思いをしたり、

恥をかいたりして、

何となくその場の雰囲気などから、

相手の本音の部分を探っていくことが上手になってく感じです。

 

でも、仮に痛い思いをしたとしても、

わたしはお酒が飲めませんので、

完全なる自己責任なわけです。

(自分の話になっちゃった)

 

 

酒を飲まして、酩酊させて、ホテルに連れ込む、

そんなの『普通の大人の男』のすることか?

 

お酒と薬とか、

(おそらくお酒に薬盛ったでしょ、って酔い方だったようですね)

このひと、

AVの無理やりモノ見過ぎじゃないの? ww

 

 

合意・同意ってなんだ?

この男、本当クソだろ。と思いました。

 

山口敬之氏、性暴力被害裁判の判決に「全く納得できない。法に触れる行為は一切しておらず控訴する」(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースheadlines.yahoo.co.jp

 

あまりに頭にきて、

どんどん口が悪くなっちゃってごめんなさい。

 

法に触れてなきゃ、なんでもやってよいの?

 

酩酊してる相手に『OK』もらって、

交渉ごとが進むなら、

世の中薬盛ってでも、正常な返答できないようにして、契約書書かせたら

なんでもできちゃうじゃん。

 

『合意です!』って、契約できちゃうの?

 

そもそも20歳以上も年が離れてる女性、

酔っ払って体調悪そうだったら、

しっかりと送り届けるのが、

正常な人。

正常な大人。

真っ当な紳士。

男性性あふれる男性。

 

この人のやったこと、性的異常者のやることでしょ?

酔っ払ってふらふらになってる状態の、

20も年が離れた女の子に、覆いかぶさってんだもん。

 

しかも、避妊しないって、どういうこと?

 

もう一回言うけど、

妻でもない、女性に、避妊しないって、

どういうこと?

 

 

なのに、どの口が

『わたしは法に一切触れてません』

とか、偉そうにほざいてるのか、

まったくわかりません。

 

法に触れてない?

法の目をくぐりぬければ、

ふらふらになってる女の子の洋服脱がせて、

自分がやりたいことやってもいいって言うの?

 

『酔わせてでも、やりたかったんだよー!』

が、本音でしょ。

 

 

女性にも落ち度があると言われても仕方ないと思ってしまう世の中の風潮(セカンドレイプ)

でもね、残念ながら世の中の雰囲気として、

『女の部分使って、仕事取ろうとしてたんじゃない?』

って言ってくる人、思う人は、たくさんいる。

 

 

現に、カラダを差し出さないにしても、

上手に『女性』を武器にして働いている人も

たくさんいる。

 

でもそういう人たちは、

『自己責任』でやってるから、

痛い思いしても、人のせいにしない。

 

失敗は成功の母にする。

 

 

こういうこと言う人は、

だいたい、そう見える女性のルックスを見て、

決めつけてかかる人が多い。

 

チャラチャラして、

色気使って、

適当にやらせてるんじゃないの?

とか。

 

 

まあ、半分くらい、やっかみもある。

男の人が寄ってきますからね、

そういう女性には。

 

男女とも、複雑な思いあがってくるよね。

 

 

でも、チャラチャラしてなくても、

なんだか知らない『女性力』で、

男性を手玉に取れる人もいます。

 

木嶋佳苗死刑囚とか、

すごい女子力みたいですもんね。

 

見た目云々ではなく、女子力を悪用できるという、恐ろしい事件です。

 

 

あ、話が逸れてしまいました。

 

 

何れにしても、想像すれば、

どれだけでも標的にしたい人を傷つけることができる。

言葉の暴力って、本当に嫌な力を持ってるけど、

 

この、「セカンドレイプ」というものについても

流さずに立ち向かおうとしていることに、

なんだか、同性として、

とても感謝したい気持ちになってます。

 

 

えらいひとの忖度

忖度なんて言葉、知らなかった。

忖度なんなの!?

越後屋と悪代官の、良きに計らえなのか。

 

表立った正当なことではないけど、

 

   まあ、お知り合いですし、

   困ったときはお互い様ですし、

   うまくいくように手配しときますよ

 

的なことが働いていたのでしょうか?

(国側で?)

だから、刑事裁判では不起訴だったみたいですね。

 

定かじゃないけど、

火のないところに煙は立たないし、

なんだか忖度まみれの政治の世界だから

ここにも忖度があったのでしょう。

 

 

なんにしても、

実名を晒して、カメラの前に姿を出して、

自分の人生をかけて、

 

許せないことに声をあげた

おかしなことに物申した

レイプされたのに、嫌疑不十分で不起訴にされた

お偉いさんの後ろ盾もなく、何年も戦った

 

 

真っ当に口説かず、

酒飲んで潰れてる女性に、避妊せずSEXした男は、

1億3000万円の支払い請求してくる。

 

彼女はビザの件を相談しようとしていたのに、

山口氏は、ビザの話は一切してくれなかったらしい。

 

いるいる!こんな男!

ビザの話で、彼女との関係を長引かせることができるって考えてる、

出し惜しみして、自分の「ビザ」の力を使って

一人の女性をなんとかしようとしたりする、

浅はかな、確信犯!!

 

ちっちゃすぎる、セコすぎる。

やり方がわかりやすすぎる。ww

 

 

滑稽すぎる。

残念すぎる。

 

妻子持ちのくせに

なにやってんだ、このおっさん。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました